yulihee

2007年07月04日

主人公5人でおもしろさ5倍?5乗!?

たまにはFF以外のゲームの記事をば。

今日のゲーム
オーディンスフィア PS2 A.RPG アトラス 2007/5/17発売
DSC00051.JPG自分はやってないけどプリンセスクラウンっていうゲームの流れをくむもので、わりかし期待されてたようです。どこらへんが期待されてたとかは知りませんがw

?@主人公が5人もいる!
二人や三人のゲームは数あれど、五人ってのはあまりありませんw
けど、性能やら見た目で好きなのを選ぶ訳じゃなくて、主人公一人一人に与えられた物語がちゃんとあります。てか、主人公を好きに選ぶとかは一切なく決められた順序にこなしていくんだったりします(笑)
だから気に入ったアイツで遊ぶまで20時間かかるってこともありますw

?A5人が織り成すストーリー
じゃ何で主人公が5人もいるのかってことだ。
オーディンスフィア全体のストーリーは叙事詩に予言される終焉まで。それを異なる勢力にいる5人の主人公目線から描いているから物語を主観的かつ客観的に楽しめるようになっている。
一つの視点からみるよりもより深く物語りを楽しめ中々味わい深いものになってます。
まぁ台詞がやけに臭かったり、愛が結構前面に押し出されていて演出もオペラっぽいので、苦手な人もいそうですが、私的にはOK!むしろ他にあまりこういったのがないので新鮮味を感じてオススメですなw

?B序章+7章構成×5+終焉
主人公一人ずつにこんだけの話があります。
まずキャラ操作のチュートリアルとして序章。そしてお話〜戦闘パート〜お話という流れの章が7つ。これはどの主人公でも同じです
。それで5人の主人公の話を終えると物語は終焉へ向かい、ここで章ごとに主人公を一人選ぶかたちになってます。
うん。結構時間かかります(´∀`)
キャラ一人効率的にやってもだいたい5時間はかかるのでトータルで25〜30時間。ストーリー主体のゲームとしては時間かかるほうかなぁ。てれてれやってると平気で40時間とかいきそうです。平気でストーリー忘れちゃいそうです(爆)
そんなあなたはストーリーアーカイブで復習しましょうw
このときあいつは何してたかとかも分かっていいですよ(*´д`*)

?Cほんとにストーリー主体?
上でストーリー主体?って書いててなんですが、このゲーム、アクションの難易度が結構高いです。キャラデザインやら雰囲気で買ったゲームをあまりしない人には酷すぎると思われます(つд・)
自分は難易度ノーマルでやってたんですが、なんていうか敵の攻撃が理不尽すぎる('-')
ボスに即死技があるのは序の口。雑魚ですら下手したら軽く昇天されたりします。まぁ前者はしょうがない。慣れて避けてください。けど後者は結構つらい(泣)というのも敵に強い剛体をもつやつがいて適当に攻撃ボタンおしてると敵にめりこみ、カウンター必至となりぼこられるのです(´Д⊂ちなみに剛体ってのは攻撃を受けても動作を制限されない状態。(ダメージは喰らう)剛体がない場合のけぞりが発生し一方的に攻撃される。
ちなみにキャラの方は剛体、無敵時間ともに余りなく攻撃を喰らわない位置にいることが重要。けど攻撃してると敵に近づいてくんだよねーw
物語を簡単に楽しみたい人はイージーに設定してまって問題ないでしょう。てか自分も5人目のベルベッドではイージーにした。だってなんかボスやたら強いんだもんよ!

?Dマジックミックスを極めれ!
アクションパートの肝。マテリアルを合成して各種アイテムを作っていくのをいかに効率よく行うかが楽しいゲーム。敵の理不尽な攻撃はあまり気にしない方向でいきましょう(-。-)y-゜゜゜
システム的な説明はゲーム中丁寧に行われるのでポイントだけ。
マルベリーの実を使って(15、6)(14,7)の組み合わせのマテリアルを作りそれぞれ90、98のマテリアルをこまめに作っておくこと。
これを意識するだけでレベルがさくさく上がっていくようになります。
付け加えると最後にマンドラゴラを掛け合わせるのは終章ステージになればなるほど効率がよいということ。コールフォゾンも後半のステージで行う方がいい。

?Eボスにはドーピング祭り!
各章に待ち受けるそれぞれのボス達。こいつらは理不尽な攻撃をしてくるのでこちらもそれなりの対処を(´∀`)
用意するもの
?@ペインキラー:キャラに剛体がつき重い一撃以外のけぞらなくなる。また被ダメージも半減。→何も考えないで攻撃連打できる!
?Aアンリミテッドパワー:POWゲージの減りを緩やかにする。ペインキラーの効果をさらに効率的に!
?Bオーバーロード:サイファーゲージ2消費して攻撃力2倍。ボスへ挑む際は最低でも2ゲージ確保していこうw
?Cリジェネレーション:なくてもいいがこれがあると途中回復しなくてもよくなる。ハッスルしたい時にどうぞw

これら4つを使いあわせるとボス相手に攻撃ボタン連打でいけるようになったりします。というか、一部ボス(オデット等)はこれくらい用意しないと倒すのきついような気がするが(´_ゝ`)

?Eやりこみはあんまりない('-')
なかなかよくできたゲームなんだけど、やりこみ面はさほどいいのがなかったなぁ。終焉をいろんなキャラでやるとか、料理がんばってレシピ全部オープンにするくらいかな。ちょっと惜しい。
クリア後に難易度一つ追加されるけど、自分は難易度上げての再プレイは特に興味ないんだよね('〜')




という具合。
目ぼしいゲームがないときにどうぞ。ってとこかな。
自分も4月から特に気になるゲームが発売されなかったので、よし面白そうだし買ってみよう!って感じでした。その期待には応えてくれたので満足満足(´∀`)
てかこれから先も気になるゲームがないな・・
posted by ゆりへぇ at 18:07| Comment(0) | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Excerpt: オーディンスフィア 2007年5月17日 2007年5月22日Price = 6
Weblog: ゲーム情報局
Tracked: 2007-07-28 19:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。